器と表札
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Wonder Wall


お世話になっているgalerie6cさんが5周年を迎え、
今まで展示された作品たちを集めて、壁をうめつくすそうです。

わたしも、参加させていただいてます。

4年前に作ったタイル。
この刷毛目や、文字のちょっと不安定な感じは
今はもう、作ろうと思っても作れなくなってることに気付きました。

この数年で、たくさんのタイルや表札を作り
文字は以前より上手く彫れるし、以前より安定したものが
作れるようになりました。
「上手く。安定したもの。」ではないこのタイルを作っていた時は
どんな気持ちで作っていたか・・・・
あぁ忘れかけてた。大事なことを。

思い出せてよかった。と思いながら梱包しました。



6c:5th anniversary exhibition   Wonder Wall
2013.2.26.Tue→3.10.Sun
OPEN/Tue-Fri 13-20pm   Sat&Sun 11am-18pm
CLOSE/3.4.Mon






展覧会 - -
ありがとうございました


少し前になりますが
「土と木と蔓と。」の展示が無事に終了しました。

お越しくださった皆さま、どうもありがとうございました。

在廊の日には、お客さんとお話出来たり、
以前お会いしたお客さんと再会出来たり、
いつもの顔馴染みの方に温かい言葉を頂いたり・・・
とても嬉しかったです。

anjicoさん、夏の制作期間中には会うたびに励まして下さって、
会期中もたくさんのお心遣いありがとうございました。

在廊日は、楽しくてたくさん笑っていたような気がします。


皆さま、本当にありがとうございました。







展覧会 - -
ありがとうございました


48°N galleryさんでの展示が無事に終了しました。

お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

器を手にとってじっくり見てくださった方がいらっしゃった
事を聞き、とても嬉しく思っております。

穏やかな方々と一緒に展示をさせていただいて、
48°N galleryさんには色々とお気づかいいただきまして、
楽しい時間を過ごさせていただきました。

本当にどうもありがとうございました。



 
展覧会 - -
うつわに寄り添う灯り


88/90Lighting Products うつわに寄り添う灯り
最終日に、見に行ってきました。

「これは、何の素材ですか?」
という質問に丁寧に教えて頂いて、
昔、別の用途の道具として使われていたものが
こうして照明となって灯りをともしていることが、
とても興味深く、おもしろかったです。

やわらかな灯りの下で、
偶然出会えた顔なじみの人達ともお話も出来て、
とてもよい一日でした。












 
展覧会 - -
パーツ


青い金具にひかれました。

芦屋で月に数日間、営業している雑貨店ben:chiさんで購入した箱。

実験用具や工業用部品、楽器、ランタンなど
さまざまな古くて味のあるアイテムをパーツとして使ったり
ガラスやブリキ、古材などの色んな素材を用いた照明を製作する
ben:chiさんが立ち上げた88/90Lighting Productsが
うつわに寄り添う灯り
という、とても興味のある作品展をanjicoさんで1/22までされてるそうです。
どんなパーツをつかって、照明が作られてるのだろう・・・早く見に行きたい。








展覧会 - -
tile




2009年にgalerie6cでアルファベットを彫ったタイルを展示しました。
見ている人が、自分の名前や家族の名前、友達の名前・・・
大切な人や場所を思い、タイルを探している様子を見ていて
なんだかあたたかい気持ちになりました。

年月を経て変わっていく建物の壁面
何かを表す標識やしるし
様々な字体
そういうものを眺めることが好きです。

タイルから、表札を作るようになり
大切な場所のしるしとなっていく事が嬉しく、名前を彫っています。

晴れの日はカラリと乾き
雨の日は水を含み違った表情になります。
そうして、それぞれの場所で少しずつなじんでいく事を願って作っています。

展覧会 - -
| 1/1 |