器と表札
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
表札のこと


先日、anjicoさんへ表札の納品をさせていただきました。

お近くの方、遠方の方、
注文用紙のお客さまの住所を見るたび
知らない土地の想像をし(山の近くか、海の近くか・・・
雪の積もっている場所かもしくは温暖な場所か・・・など)
私の知らない場所で
これから何年ものあいだ
大切な場所のしるしになるのだなぁ・・・
と思うと、とても不思議な気持ちになります。

そして、ご注文を頂いて、作り続けることが出来ていることに
感謝します。

たくさんある表札のなかから選んでいただき、
本当にありがとうございました。



表札 - -
ツリー


友人から届いた手紙。

きっとサラサラッと書いた絵。
フフッとなる、この感じが好きです。






日記 - -
小径



一人で歩く、いつもの小径。






日記 - -
看板


先日、納品しました。
30×40cmの看板。

依頼して下さったお客様に、きっとまだ届いてないと思うので
画像は、梱包時に撮った一部分です。

いつか大きいものを作ってみたい。と思っていたところ
このような機会を頂き、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。





作品 - -
塩とチョコレート


入れ物を作り、蓋を作ってもらいました。
前の展示で、只木芳明さんと作った蓋物。

気に入っていたので、大事に連れて帰ってきました。

小さい方には塩を
大きい方にはチョコレートをいれてます。





 
作品 - -
冬の間


「冬の間、ここに置いてて」
と家族が作業場に置いていった木。

作業をしている時、視界に入る葉・・・

細い細い木なのに存在感があります。




日記 - -
 

時々、開きます。

好きな作品集。




日記 - -
夜中


昼間にどうしても集中出来なかったので
夜中に制作をする。

表札の土台です。


緊張する作業は続きます・・・






 
制作 - -
時計


遠い親戚が時計店をしている。と聞いたのは数年前。

そこの職人さんは、今でも時計の修理に出かけるそうです。
とてもいい人らしい。

その話を聞いてから、時計が気になり
気がつくと様々な場所の時計を眺めていました。

時計を作りたい。と思うようになり、
少しずつ形になっていくことが楽しかったです。


わたしの作りたかった時計。

きっとその場所になじんでいく時計。




作品 - -
うつわ
 

少し渋いみどり。

この葉と同じ色。

すきな色です。 

                            「土と木と蔓と。」




 - -
<< | 2/5 | >>